義肢装具士の仕事

【義肢装具士の仕事】

 

義肢装具士(Prosthetist and Orthotist / PO)とは、医療職の中ではめずらしい「ものづくり」を仕事とする職種です。

 

不慮の事故や病気などで手足を失った人のため人工の手足を作ったり、骨折や靭帯の損傷などのケガや病気を治療するためのコルセットやサポーターをつくっています。

 

医療や福祉の現場で、医師の指示のもと障害者や患者一人ひとりに合わせた義肢・装具をつくります。

障害や病気の種類、ケガの場所によって、製作する義肢・装具の目的や機能・材料・部品・つくり方・デザインが一人ひとり違ってきます。

 

医療職は一般的に、医療機関に所属して業務を行います。一般の医療職とは異なり、義肢装具士は民間の義肢製作所などに所属し、病院や診療所に出向いて業務を行っています。

病院や診療所で受注した義肢・装具を義肢製作所にもどって製作します。

 

医療機関での業務以外に、在宅や介護施設に出向き、義肢装具が必要とおもわれる方からの相談や利用者の修理・メンテナンス・フィッテングのチェックなどのアフターフォローを行っています。

 

皆さまが、「安心して楽しい生活を送れる」「安心して治療を行える」環境を作れるよう、一人ひとりの顔を浮かべながら義肢装具をつくらせて頂いています。

 

Comments are closed.